厳選された、コーヒー他食品・料理機器を取り扱います。

コーヒーのあれこれ

コーヒーと水


水に興味を持ってみませんか?
今私たちのまわりには様々な飲料水があります。
水を知ることでコーヒーがより一層美味しくなります。
柔らかな飲み口の軟水から、少し固めの硬水、さらには電解処理されたイオン水、酵素・ミネラルなどを添加したミネラルウォーターなど様々です。
軟水と硬水。それは水に含まれるミネラル成分(カルシウム・マグネシウムなど)の含有量によって分類されます。
この成分量は水の味を決める大事な要素の一つです。
日本では、ミネラル成分の含有量が100mg/L以下は軟水、200mg/L以上は硬水とされます。
軟水は口当たりが柔らかで香りや風味を大事にする飲み物に向いています。
一方、硬水は口に含むと引き締まった味があり、冷やせば清涼感は増します。硬水には軟水に比べて ミネラル成分が多く含まれていますが、このミネラル分はその含有量によってコーヒーの成分に影響を与えます。
カルシウム分は苦味を抑えまろやかに、マグネシウム分が多いと苦味や渋味を感じやすくなります。
軟水はミネラル分が少ないので比較的コーヒーの味に影響が出にくいと言えます。というわけで、ナチュラルミネラルウォーターやミネラルウォーターが全てコーヒーに最適な水であるとは限りません。
コーヒーの特徴に合った水を探してみてはいかがでしょうか?

出来ることなら、塩素処理していない水
日本の水道水はほとんどが軟水ですが、雑菌・有機物などが含まれているため塩素処理をしています。
その含有量が多い地域ほど塩素濃度が高くなり、反応結果としてカルキ臭になります。
当然そのような水はコーヒーや紅茶・お茶などの飲料の味に影響を与えます。
ちなみにヨーロッパ大陸の水は紅茶文化の国イギリス以外は硬水で、その食文化に大きな影響を与えています。
水を使わず葡萄を醗酵させて作るワインが料理にも多く使われているのもそのためです。
コーヒーなどには浄軟水器を通した水が使用され、焙煎も比較的影響を受けにくい深煎りが主流になっています。
最近では日本の家庭でも浄水器を設置し、ペットボトルの水を購入するなどその水環境が変わってきてますね。

静岡の天然水
お茶やみかん、わさびの里として有名な私たち静岡には豊富な天然水があります。
日本名水の一つ柿田川湧水や富士山の伏流水、伊豆わさび田の地下水などなど色々な天然水(深井戸水・湧水・伏流水など)を飲み比べコーヒーに合う水を探してみました。
是非一度伊豆の天然水を試してみて下さい。伊豆の踊り子で有名な天城山渓の地下水脈から採水されています。
コーヒーのまろやかさと味の個性が際立ちます。あまり深煎りではないコーヒーにお薦めです。

話題のバナジウム水
富士山麓の伏流水に多く含まれているといわれるバナジウムとは?
スカンジナビアの神話に出てくる女神バナジスから名づけられたバナジウムは、鉄や銅などと同じ金属の一種です。
血糖値を下げる効果があるとされ、最近注目を集めています。

お得意様向け専用ページ

会社案内トミヤのお店 商品案内リクルートコーヒーのあれこれリンク集個人情報取扱いContact usお得意様向け模擬店本舗